相手ともう一度やり直せるように、数ヶ月の冷却期間に自分磨きをしましょう。

復縁したいときの正しいアプローチ方法

 

元カレや元カノと復縁したいと思うなら、正しいアプローチをしなければ、相手に悪い印象を与えてしまい、復縁することは難しくなってしまいます。
どのようなアプローチをすればよいのでしょうか?

 

 

別れた原因を考える

なんの理由も無く別れるカップルはありません。別れるには何かしらの原因が必ずあるものです。
相手に他に好きな人ができたのか、単純に自分に冷めてしまったのか、自分に何か悪いところがあったのか、など、別れてしまった理由を考えましょう。別れた原因を理解することなく、復縁することは出来ません。

 

自分で考えても原因がわからなければ、相手との共通の友人に相談してみましょう。
原因がわかったら、その原因を取り除く為の努力をしましょう。

 

 

冷却期間を置く

別れてすぐに連絡を取るのはやめましょう。相手にウザがられるか、引かれるか、のどちらかです。
数ヶ月の冷却期間をとり、その間は一切連絡を取ることはしないようにしましょう。

 

その間に相手ともう一度やり直せるように、自分磨きをするようにしましょう。そのままの自分では、例え復縁したとしても、また別れてしまうことになってしまいます。
また、冷却期間の間に、相手の自分への嫌悪感を冷ますことにもなります。

 

 

何気ないメールを送る

相手が返信しやすく、なおかつシンプルな内容のメールを送りましょう。相手の近況を聞くようなさりげないものがベストです。もし返信が来ないようなら、また数ヶ月おいて連絡をしましょう。
しつこいメールは嫌われます。返信がきたら、また何気ない雑談程度の返信の返せる短いメールを返しましょう。
すぐに復縁を迫ってはいけません。未練を見せたり、復縁の気持ちを見透かすようなメールを送らないようにしましょう。

 

また、メールの内容が、返信を求めない内容なら、そこで一旦あきらめましょう。再び冷却期間をおき、またメールを送ってみましょう。