連絡してすぐに復縁を望むような内容は送らず、何気ない話をしてやり取りするようにしましょう。

よりを戻すきっかけ5つ

 

別れた元カレや元カノとよりを戻すには、なにかしら必ずきっかけがあるものです。
どんなことが別れた元カレや元カノとヨリを戻すきっかけになったのでしょうか?

 

 

メールやLINEがきっかけでヨリが戻る

メールやLINEをきっかけに再び連絡を取るようになり、少しずつ距離が近くなって復縁に至るケースがとても多いです。

 

連絡してすぐに復縁を望むような内容を送ってはいけません。過去のことを持ち出すのもやめましょう。
何気ない話をしてやり取りするようになる事が先決です。その上で、何気ない好意を垣間見せるのはOKです。

 

あまりしつこくメールを送るのもやめましょう。しつこすぎると相手に引かれたりうざがられる可能性もあります。友達に送る程度のほどほど感を心掛けましょう。
そうしたやり取りをするうちにデートに持ち込んで、数回会った後に自分の気持ちをストレートに伝えるようにしましょう。

 

誕生日やイベント

元カレや元カノと復縁したくて連絡したくても、なかなかそのきっかけがつかみづらいものです。
誕生日やクリスマスやお正月など、なにかイベントのあるときならなんとなくメールを送りやすい口実になります。

 

病気アピール

風邪を引いた時などに少し笑いに転換するような内容のメールを送ってみましょう。あまり直接的に重くなってしまうと引かれてしまいますが、大抵の人なら心配してくれます。

 

相談事

他には誰にも相談できない、と言った内容の相談事を送ってみましょう。しかし、あからさまな嘘はいけません。相手に親身になってもらえる内容がベストです。

 

共通の友人の話題

共通の友人の内容は連絡がしやすいものです。なにか友人に変化があったときに連絡してみると良いでしょう。

 

二人の記念日

付き合った日など二人にしかわからない記念日に「思い出した」程度の何気ない感じでメールしてみましょう。付き合っていた楽しい日々を思い出してよりを戻したいと思うかも知れません。