早すぎる復縁はデメリットを生みやすいので、お互いに成長をしてから復縁しましょう。

復縁のメリット・デメリット

復縁をしたものの「こんなはずじゃなかった」とか「やっぱりこの人しかいない」など、ふたりの関係をどう思うかは人それぞれのようですね。

 

せっかく望んで復縁をするのだから、少しでもデメリットを減らしたいもの。

 

ここでは復縁のデメリットをメリットへ逆転させる簡単な方法をご紹介します。

 

 

復縁のメリットとは

 

気軽で肩がこらない関係

知り合ったばかりの頃のような新鮮な気持ちで、付き合いがリセットできるのは、復縁の醍醐味でしょう。それでいて肩が凝るような堅苦しさも、息苦しさもなくて自分を必要以上に飾ることもないのです。

 

相手の好みなどが分かっている

相手が喜ぶことや好きなことをだいたい分かっているので、プレゼントやデート場所選びもスムーズ。そればかりでなく感情のツボも知っているため地雷を踏まないで済む関係になれます。

 

お互いの絆が強まる

「別れた」という事実が、ふたりの間柄を深めることにもなります。
一緒に大きなトラブルを乗り越えたという実感は、相手との絆に変わっていきます。
お互いの必要性を再認識するので、結婚へ繋がるケースも多いようですね。

 

 

復縁のデメリットとは

 

実はふたりの温度差がある

復縁に成功しても、実際には相手との温度差が違い過ぎることがあります。
そこに気付かないと浮かれている方は「こんなはずじゃなかったのに」と愕然とすることも。

 

先が読めてしまう

復縁の裏側に潜むのは「やっぱり」「ほらね」「またか」といったネガティブ思考です。
出会いから別れまでを経験した仲だからこそ、以前の出来事がデータとして残っているのです。

 

別れ癖が付く

簡単に「やっぱり別れた方がいい」と決めつけやすくなるのも復縁関係にありがちです。
その心理には「復縁できた」という事実が、再びまた復縁できるだろうという安易な悪循環になってしまうのです。

 

 

復縁のデメリットをメリットへ変える!

 

復縁まで時間をかける

早すぎる復縁は、デメリットを生みやすいもの。
復縁するにしても、お互いに成長をしてからでないと同じ事を繰り返すだけになります。

 

自分を変える

復縁を望む人も、復縁を望まれ「もう一度付き合ってみようかな」という人も、その前に自分の性格を知る努力をしましょう。
自分を知ろうとすることが、相手に求めすぎないで復縁を良縁に変えるコツになります。

 

結婚を前提にする

復縁をしてもダラダラ付き合っていては、いずれまた別れがやってきます。
男女の関係は、結婚か別れの2つに1つしかないからです。

 

 

>>復縁したい時のメールの方法はこちら<<