冷却期間後、相手の誕生日やクリスマスなどをきっかけに、連絡を取ってみると良いでしょう。

復縁のベストタイミング

 

元カレや元カノと復縁を望むときのタイミングはとても大事です。
どのような時期が復縁のタイミングなのでしょうか?

 

 

女性と男性の考え方の違い

あるアンケートでは、「元カレや元カノと絶対にヨリを戻さない」と考えているのは、男性は約22%なのに対し、女性は約42%となっています。女性は終わった恋を振り返らず、男性はいつまでも引きずると言うことになります。

 

しかし、元カレであろうと元カノであろうと、何も考えずに復縁を迫っても撃沈して、その上悪い印象しか残らない事が考えられます。

 

 

相手の気持ちを考える

なぜ別れることになってしまったのか、その原因をよく考えてみる事が大事です。自分で考えてよくわからなければ、共通の友人などに聞いてみるのもいいでしょう。

 

例えば、些細な浮気や喧嘩であれば復縁の可能性は高いですし、完全に気持ちが冷めてしまっていたり、他に好きな人ができた場合であったり、仕事や趣味など他に集中したいから、という理由であるのなら、復縁は困難です。
再び自分に相手の気持ちを持ってこれるかどうかをきちんと考える必要があります。

 

また、自分は本当に復縁したいのか、執着心や依存心からではないのかも十分見定める事が大事です。

 

 

冷却期間を取る

別れてすぐに連絡を取るのはやめましょう。
男性であれば1ヶ月ほど。女性であれば2~3ヶ月ほど時間を置いて連絡をして見ましょう。そのときもいきなり復縁を求めてはいけません。

 

「最近どう?元気にしてる?」など、相手の近況聞く程度の事にしましょう。返信が返ってくれば、何度かやり取りをし、定期的にコミュニケーションをとるようにしましょう。
冷却時間の間に自分磨きをするようにしましょう。

 

相手の誕生日や、クリスマスなどのきっかけに連絡を取ってみるのも良いかも知れません。

 

 

復縁は何度か連絡を取った後に

何度かメールのやり取りをした後、一度デートに持ち込み、手ごたえがあったなら、そのときに復縁の話を持ち出してみましょう。
回りくどくせずに、ストレートに気持ちを伝える事が大事です。