復縁したいならば、自分を磨き、相手に再び振り向いてもらえるような自分になりましょう。

やりがちな復縁失敗例

 

元カレや元カノと復縁したいがために、やりがちな失敗例をご紹介します。復縁を考えている方はぜひご参考になさってください。

 

 

冷却期間を置かずに何度も連絡をする

別れていると言う事実に向き合う事が出来ず、何度も相手に連絡をしてしまうのはデリカシーのない行動だと言えます。相手からも引かれたり、うざがられたりしますし、あまりしつこいと着信拒否などされる可能性もあります。

 

焦って追いかけると、相手はどんどん逃げていきます。そして復縁の可能性を完全になくしてしまうことにもつながってしまいます。
別れたと言う現実にきちんと向き合い、冷却期間を置いて、相手の気持ちや自分の気持ちを考えるようにしましょう。

 

 

復縁に執着する

別れてしまった時点で、相手と自分は完全な「他人」です。まずはその事実を受け止めなければいけません。
復縁したい気持ちが先行して、相手に自分の気持ちを押し付けてしまうのは逆効果です。

 

「待っている」「チャンスが欲しい」などと、相手に負担になるような言葉を伝えると、相手は自分に対して嫌悪感しか持ちません。
また、ストーカーまがいの行動をしてしまうと、それはいつか犯罪に繋がってしまう恐れもあります。
少しずつ離れた距離を詰めていって、直接会えた後に、本人に直接気持ちをストレートに伝える事がベストです。

 

 

現実逃避する

失恋の痛手から逃げたいがために、現実逃避をし、暴飲暴食などに走ってしまったり、無理やり新しい恋を探そうとしてしまいがちです。暴飲暴食しても気持ちが晴れることも、相手が戻ってくることもありません。

 

また、無理やり新しい恋を探しても、まずうまくいくことはありませんし、新しい恋の相手にも失礼になってしまいます。
復縁したいと思うならば、自分を磨き、相手に再び振り向いてもらえるような自分になることをしましょう。

 

NG行動ランキング